2016年10月15日

マキアージュ スノービューティーⅢを購入しました(2)

こんばんは、もふ子です。
引き続き、マキアージュのスノービューティーⅢについて書いていきます。
今回は、昼と夜の使用感についてです。

▶前回の記事はコチラ!
 マキアージュ スノービューティーⅢを購入しました(1)








◆昼と夜で使い方は違う?



使い方以前に、それぞれの使用時に、専用のパフがついてきます。

キットを開けるとこんな感じ。

IMG_8716.JPG


昼に使うパフは、コンパクトに収まるよう、薄くてさらりとしています。

夜に使うパフは、厚めのフカフカのものとなっています。



◆香りはある?



肌に乗せる時、ふわっとフレッシュな香りが香ります。

グリーン系の、淡い香りです。

特定の何かの香りではなく、スノービューティーのイメージの香りだと思います。

香りはすぐに消えてしまい、肌に残りませんでした。

香りのあるお粉はちょっと、という方でも大丈夫そうです。




◆昼の使用感は?



通常のフェイスパウダーとして使った場合の使用感です。

平日のメイクは、リキッドファンデーションで仕上げることが多い私です。

リキッドファンデーションの上に、お粉として使います。


薄い方のパフを使いました。
IMG_8719.JPG

見た目は白〜肌色の間といったお粉ですが、肌に乗せる時、お粉の方が白い事こと気が付きました。

でも、大丈夫。

肌の上に乗せ、パフで馴染ませると、透明になります。

肌の上ではほぼ無色です。

その分、カバー力はありません。

ミラノコレクションのフェースアップパウダーは、お粉そのものが肌色なので、ちょっとした色ムラなんかは隠してくれるのですが。

その分、スノービューティーは透明感のあるお肌に仕上がります。

化粧崩れにも、心持ち強い気がします。


私の印象ですが、

●ミラノコレクション ⇒ 肌色・色ムラを整えてキレイに見せる

●スノービューティー ⇒ 肌の透明感を上げてキレイに見せる

といった違いを感じました。


スノービューティーは、あくまで薄く薄く伸ばし、ベースメイクの最後に使うのが良いようです。

スノービューティーのお粉を多めに付けてしまうと、白くなります(!)

お化粧直しで使う時は、崩れてしまったベースメイクをスノービューティーで直すというよりは、あくまで仕上げとしてヴェールを掛けるような使い方が向いていると思います。


BBクリームだけなどナチュラルメイクの時は、お化粧直しに使うと、夕方のくすみ肌をパッと明るくしてくれるんじゃないかな。




◆夜の使用感は?



夜の寝化粧としての使い方。

まだ、馴染みのない方も多いと思います。

私にとって、夜のお粉は、クリームのべたつきを抑えるために、ほぼ毎日欠かせない存在。


奥にある、厚めのパフでお肌に乗せていきます。

IMG_8718.JPG


使用感は、いままで使ってきている、資生堂の百貨店向けブランドのホワイトルーセント ブライトニング スキンケアパウダー n と非常によく似ています。

ホワイトルーセントは、薄い紫〜ピンクがかった白いお粉で、同様に、肌に乗せると無色です。

ちなみに、ホワイトルーセントも昼・夜兼用のお粉です。

元々、夜のお粉を使い慣れていたこともあり、夜の使用にまったく違和感を感じませんでした。


持ち歩き用の袋もついてきます。
手触りはすべらか。

IMG_8720.JPG

お泊りの時を意識させているのかもしれません。
IMG_8721.JPG

昼夜兼用なので、お泊りの時には便利になりました。(旅行の時、大きなミラノコレクションのケースと、ホワイトルーセントのころんとしたケースを2つ持っていくのは大変だった〜)

夜も使いたい、お風呂上がりのすっぴんを見せたくないという方には、オススメのお粉です!


資生堂 マキアージュ  スノービューティー III (レフィル付き)



posted with カエレバ
posted by 猫好きOLもふ子 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 資生堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

マキアージュ スノービューティーⅢを購入しました(1)

こんばんは、もふ子です。
今年もマキアージュのスノービューティーⅢが発売になりましたね!

受け取り、そして早速使ってみたので、レポートしていきます。







◆スノービューティーⅢとは?



スノービューティーⅢとは、資生堂のマキアージュブランドから限定で発売される、フェイスパウダーのこと。

Ⅲと付いている通り、まだ歴史は浅く、新しい試みになります。

スノービューティーになる前にも、この時期からクリスマスコフレ時期にかけて、フェイスパウダーを発売したことがあったのですが・・・

あまり、評判は良くなかったみたいです。

スノービューティーになってからは、評判も高まってきました。

毎年パッケージデザインを替えた、限定フェイスパウダーとしての発売を継続していくことに決まったみたいですね。


◆セット内容



リフィル付きのセットがあると聞き、迷わずリフィル付きを選びました。

昨年からミラノコレクションを愛用し始め、半年足らずでなくなってしまったからです。

IMG_8718.JPG

リフィルもセットされた箱入りでした。


◆ミラノコレクション フェースアップパウダーと比べて・・・?



カネボウから毎年12月に発売される、ミラノコレクション。

こちらは歴史も長く、発売は1991年から。

高級お粉ブームのさきがけとなったブランドです。

ミラノコレクションは、据え置き型の大きなケースとコンパクトを1年おきに出すのですが、スノービューティーは毎年コンパクトで通しているようです。

また、ミラノコレクションは、ケースをウォーミーな色味で通しているのに対し、スノービューティーは青みのあるクールなトーンですね。




◆ミラノコレクションとの違い



ミラノコレクションとの違いは、こんなところにも。

中身の話です。

ミラノコレクションのフェースアップパウダーは、SPF14・PA++と、弱いですが紫外線対策ができるお粉です。

ミラノコレクションは、日中専用のパウダーなのです。

一方、スノービューティーは、SPFやPAといった紫外線対策に対する記述はありません。

UVカット効果がないパウダーと言えるでしょう。

その代わり、「夜も使える」というポイントが。

いわゆる寝化粧用パウダーです。

夜、クリームや乳液などを塗った肌がテカったり、べたつくのを防いでくれるお粉になるのです。

私は、数年前から、寝化粧に同じ資生堂のホワイトルーセント ブライトニング スキンケアパウダー Nを愛用しています。(リンクは私のブログの過去記事へ)


■今年もリピート!寝化粧用!ホワイトルーセント ブライトニング スキンケアパウダー N


肌への負担は感じず、むしろ、翌朝の肌の調子は良いほうです。

ホワイトルーセントのスキンケアパウダーは夜専用というわけではありませんが、私は主に夜用にしています。

乳液やクリームを塗った後、肌がべたつくのがイヤなのです。


話がホワイトルーセントに逸れました。

まとめると、

ミラノコレクション フェースアップパウダーは日中専用(紫外線対策ができる)

スノービューティーは、昼も使えるけど紫外線対策はできない

という違いが有ります。


昼(朝、メイクの仕上げ)と夜(寝化粧)、2つの用途で使ってみましたので、後日、使用感を書いていこうと思います!

詳しくはコチラの記事をどうぞ🎵(私のブログ内に飛びます)


マキアージュ スノービューティーⅢを購入しました(2)


資生堂 マキアージュ  スノービューティー III (レフィル付き)



posted with カエレバ
posted by 猫好きOLもふ子 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 資生堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

SPRiNG11月購入 ツモリチサトのネコグッズを入手しました♪

こんばんは、もふ子です。
SPRiNG11月号を購入しました☆

ツモリチサト
ネコのぬいぐるみ
パスケース&ネコ柄トート

2点セットです♪


IMG_8742.JPG


SIZE(約):
[パスケース] タテ22×ヨコ8cm
[バッグ] タテ27.5×ヨコ40.5×マチ12cm

※サイズはスプリングの公式ホームページの公称サイズです。


今年の7月号付録でも同様に、ツモリチサトのネコグッズでした。

7月号のにゃんこがとっても可愛かったので、11月号をソッコー買いしてしまいました。







ネコのぬいぐるみ パスケースは?



にゃんこのお腹の部分にビニール素材が貼られていて、スイカや定期券を入れられるようになっています。

IMG_8743.JPG

ぬいぐるみそのものは、クタッとした素材で、ベロア調。

7月号のにゃんこは目を開いていたのに対し、11月号のにゃんこは目を閉じています。

自立するぬいぐるみというより、バッグの持ち手部分に下げて、かわいく揺れるタイプ。

ふろくのバッグ以外に、単品で使ってもかわいいんじゃないかな。

スプリングの公式ホームページでは、バッグの外ポケットに入れた使い方を推奨していました。

branditem_1236_l.jpg

※画像はスプリングの公式ホームページからお借りしました。


バッグは?



バッグは特にねこ柄というわけではなく・・・

ツモリチサトのブランドロゴが、金色の糸で入っています。

こちらに、付録のバッグとしては真新しさは感じませんでした。

なんだかんだ、雑誌の付録によく見かけるのってバッグですからね。

気になるのは、内側の素材があまり私好みではないこと。

IMG_8745.JPG

長く使った際に湿気や熱にやられた場合、剥がれたりしそうな予感がしました。

会社においておくか、日用品の買い物バッグにしようかな~


クオリティとしては7月号のほうが上でしたが、ツモリチサトのファンの方や、黒猫の猫グッズをシリーズで集めたい方にはオススメしたい付録です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

spring (スプリング) 2016年 11月号
価格:820円(税込、送料別) (2016/10/6時点)





posted by 猫好きOLもふ子 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | OL日記/日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする